『仲間』と『わたし』

『仲間』という言葉の意味をあらためて調べて見ました。

「一緒に物事をする間柄」「同じ種類に属するもの」「地位や職業が同じ人々」などなど、、

子供の頃ならクラスメイトも「仲間」、中学では「部活仲間」ができ、高校では初めての「バイト仲間」なんかもできました。

料理人になってからも、ホールスタッフや洗い場スタッフとよく遊びに行ったりして、たくさんの「仲間」がいたことを思い出します。

そしてここ20年はスノーボードを通じた数えきれない「仲間」が私にはいるのだと、改めて実感することができます。

毎年ですが、シーズン中は家族よりもスクールスタッフと一緒に過ごす時間の方が断然長くなります。

そんな「仲間」に私はいつもお願いばかりしてしまいます。

「今週末の出勤よろしくお願いします」「MTGは7:40からです」「早朝のレッスンお願いします」

そんな私のお願いをみんな嫌な顔せず聞いてくれます。

それに比べて私はみんなの願いや思いをちゃんと聞いてあげれてるのか?

スノーボードを通じた仲間なのに、みんなと一緒にあまり滑れていないし、、、いつも申し訳なく感じています。

だけどみんな週末にはスクールに集まってくれて、レッスンに出てスノーボードして、控え室でお菓子食べて話して笑って、また来週来てくれる。

私一人では到底出来ないことも、「仲間」がいるから出来る。レッスンでお客様に喜んでいただき、楽しんでもらえる。

こんな素晴らしい「仲間」がいるから、私はこの長いシーズンを頑張れるんだと、本当に実感しています。

「仲間」って、その時間その空間を自然体で共有できる関係が大切なんじゃないかと私は思っています。

口下手な私は自分の気持ちを伝えるのが上手くありませんが、この場を借りて、、

 

いつも私のお願いばかり聞いてくれて、みんなありがとう。

みんながいてくれるから私たちのスクールがたくさんのお客様を笑顔に出来るんです。

これからもまだまだお願いすると思いますが、嫌にならないでくださいね。

私はみんなのことが大好きです!!(笑顔!!)

シーズンも残り1ヶ月を切りました。

出来るだけみんなの願いを叶えれるように、みんなの『仲間』でいられるように、、

一生懸命頑張ります。

 

chef’s life 〜校長の密かな想い〜 その4 告白なのか?!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です